人生の中で一番最悪な失恋

23歳の時に付き合っていた彼とは友達の紹介で知り合いました。初めてあった日からお互いの趣味に感心を持ち、話を真剣に聞いてくれてとても優しい人でした。初めて会った次の日もお互いまた話したいと思っていて、会うことに。

彼は家まで来るまで迎えに来てくれて、そのまま喫茶店でお茶をしながら3時間ほど話し込みました。楽しくて帰るのが嫌になるほどで正直に話すと彼はその言葉を受け止めてくれました。そして、夜までドライブに連れて行ってくれました。

その日の帰り際、私たちは付き合う事になり、週末に会う約束もして家に送ってくれました。なんて健全なお付き合いなんだろう、と幸せな気持ちで一杯になりました。家に帰ってからも眠るまでメールでやり取りをしました。

そして週末、また迎えに来てくれてカラオケに行く事に。お互い音楽の趣味もよく似ていて、楽しい時間を過ごしました。その日の夜、家においでと自宅に招待されました。夕飯は外で済ませて彼の家でお酒を飲みました。

緊張も解れて、より楽しく会話ができていました。そこで彼からある話をされました。僕は宗教に入っている。君を勧誘したりはしないから心配しないでね。と話されました。そうなんだ程度の返事をして、また普通の会話に戻りました。

ですが、日を追うごとに、宗教についての話が多くなりました。正直ウンザリしていたものの人の考えは十人十色なので気にしないようにしていました。ですが、付き合って数ヶ月後、恐怖を覚える事件は起こりました。

彼の家に泊まって夜寝ていると、顔の前で何かが動く気配がしました。何かと思い薄めを開けると彼が無言で私の顔に何度も手をかざしていたのです。ハッとして目を見開いても、彼はそれを止めません。起き上がって何してるのと聞くと…

君は僕が支配しているんだ。だから、今こうして君を浄化したいたんだと言われました。今までも何度か泊まった時にしていたそうで、何だか彼が一気に怖くなりました。朝方、彼の家を飛び出し始発に乗って自宅に帰りました。

その後、君は悪霊に取り憑かれているなど、メールをよこしてきていましたが、さよならとメールを送りそれ以来は連絡も会うこともしていません。素敵な恋愛の始まりは恐怖に変わりました。別れられて良かった…。