初めての恋は初めての失恋

私が初めて、誰かを好きになったのは中学一年の時。同じクラブの先輩という、ありがちなパターンでした。
それまでも仲のいい男の子はいましたが、恋という気持ちがわかったのはこの時が初めてでした。
意地悪だったり乱暴だったりするほかの男子たちと違って優しくて、アドバイスも親切だったので気が付いたら好きになっていました。
あまり女子部員とは話さない人で、よく話す私はひょっとしてチャンスがあるかもとちょっと浮かれていたのを覚えています。
でも当時は先輩後輩で部活内は序列ができていて、なれなれしくするなんて考えられず。
もう少し距離を縮めたくても、その勇気もありませんでした。
隣に座れたらそれだけでうれしくて、何とか厳しい部の中でも成果を上げて頑張ろうと当時は一生懸命。
そんな淡い思いは、同じ部の男子たちが大声でしていた話を聞いて一瞬で終わりました。
先輩は当時、モテモテで有名だった女性の先輩のことが好きなんだと。
その女性の先輩は美人で有名でしたが気さくな人で、私たち後輩にも親切で一緒に遊ぶこともあるくらい、序列が厳しい部内では異色の人でした。
別の部にですが、彼氏もいてそれがまた超がつくくらいイケメンの何でもできる人で。
美男美女のカップルで有名でした。
勝てるわけない・・・とすごく落ち込みました。
あんなに何でも持ってるのに、私の好きな先輩までもっていかなくてもいいじゃないと、それまであまり妬むことをしなかったんですが、
初めてこれが嫉妬なんだと思いました。
伝えることもないままで、勝手に終わってしまった私の初恋です。
その時の感情は今でも覚えているのに、実はもうその先輩の顔も思い出せないんですよね。
女の恋は上書き保存って、本当ですね。