初めての恋愛での初めての失恋体験

私は世間一般で言ういわゆるオクテだったので、初めて彼氏が出来たのが18の時だった。
初めての恋愛はそれはそれは楽しくて、毎日がバラ色の様な今まで経験したことのない楽しさだった。
付き合って半年ぐらいまでは、全くといっていいほどケンカすることもなく、毎週毎週彼と会えるのが楽しみに出仕方なかった。
だが、付き合い始めて半年が過ぎた頃、楽しかっただけの恋愛が徐々に変化してきた。
原因のほとんどが、自分にあったんだと今となっては思う。
彼のことが好きになりすぎた私は、彼も本当に自分のことが好きなのか気持ちを確かめたくて、
意味のないケンカをふっかけたり、わざと彼の気持ちを試すようなことをするようになった。
最初のうちは、ケンカをしつつも私のことを大事にしていてくれた彼だったけど、
段々とそんな私に嫌気がさしてきたんだろうと思う。
私が気持ちを確かめるようなことをしてみても、私が望むような態度を取ってくれることが減って来た。
そして付き合い始めて1年が過ぎようとした時だった。
段々と彼からの連絡は減っていき、やっと取れた連絡で彼の気持ちを確かめたところ
「もう別れてほしい」とポツリと言われた。
あまりの突然の言葉に、私はパニックになり何度も謝り、お願いだからもう同じことをしないから、
別れるのだけはやめてほしいと何度も何度も懇願したけど、彼の気持ちが変わることはなかった。
そうして、私の初めての恋愛にして初めての失恋を経験した。
しばらくは何もかも手につかず、毎日毎日泣き暮らす日々が続いた。
やっと気持ちが落ち着いてきた後も、街中で何度も彼の姿を探したけど、偶然会えたことは一度もなかった。