グサッとくる失恋エピソード

3年くらいお付き合いしていた彼がいました。私は完全に結婚するものと思ってずっと付き合っていました。彼がなかなかプロポーズしてくれないのも、そんなに深く悩んでいませんでした。私は当時インストラクターの仕事をしていて、忙しかったせいで家を空けることが多かったです。彼とは付き合って1年程で同棲し始めていたのですが、今思うとすれ違いが多い生活だったと思います。でも私は仕事が充実していたこともあってそちらにいっぱいいっぱいになってしまって彼の気持ちを全く考えていませんでした。
気持ちのすれ違いに気づいたのは付き合って3年目の春の頃でした。その日も仕事が夜遅くまで切り上げられない予定で、自宅からも遠いしそのままホテルで一泊してから帰ってくるつもりでした。彼にも連絡を入れたのですが、思ったよりも早く仕事が終わってしまい早めに帰れることになりました。帰り道に彼にお土産のたこ焼きを買って、持って帰ったのですが、部屋に入るとおかしなことがありました。見覚えのない女性の靴が揃えてあったのです。直感的にビビッときて、思わずかけあがると彼は知らない女性を家に連れ込んでいました。本当にショックでとりあえず女性には家に帰ってもらって二人で話し合いをしました。そこで彼が自分との別れを考えていたことを知りました。
バリバリ仕事をする私と低給料の臨時アルバイターの彼はこの差に耐え切れず人知れず悩んでいたらしいです。自分よりも稼いでいる彼女と言うのはすごく重いと聞きました。その言葉がなんだかグサグサと胸に突き刺さりました。私はそろそろ結婚するものと思い込んでいたけど、彼はプロポーズどころか別れを考えていたらしくて聞いていてショックでした。浮気が原因の別れというよりも、その前から私たちの関係はすれ違っていたみたいです。結婚を考えるくらい好きだっただけに、このような最後になったことがすごく辛くて結構引きずった失恋エピソードです。結局仕事もこの影響からか手に着かなくなって辞めてしまいました。